小町 -Komachi-

Archive for 4月 2009

学校側の勘違いと、私の勘違いで、いったんNCLEXの授業を終了する事になった。
1度、語学学校に戻る。
悔しい思いと、情けない思いとでいっぱいだけど、少し、前向きになれるようになってきた。昨日は日本に帰ろうかと初めて本気に悩んだけど、できなかった。

私、ここに来る前、患者さんと約束した。

その人からもらった手紙です。

「どんどんキャリアアップしてがんばってください。私は生きる事に希望をもちます。人間は健康であって当然ですが、何にも変える事のできない宝であります。たくさんの人生がありますが、少しでも病から健康を手に入れる人が増えるような、明るく、心から信頼される看護師になって下さい。私はあなたに出会えた事を心から感謝します。自分の力を思う存分発揮して下さい。いつかまた会えるといいですね。」

ここにのせる事を本当に迷ったけど、もしも、この文章を読んで、少しでも、力を出せる人がいたら、この患者さんも喜んでくれるかなっておもった。

私には、今日本に帰って看護師に戻る事ができない。だって、何もえてないから。何もと言ったら嘘だけど、まだ何も。。。これからだもん。だから、ここで、気合いの入れ直し。どかんと腰を据えて。

まっすぐ自分を信じてみようと思う。

TOEFL

Posted on: 04/24/2009

TOEFL 今日スコアをゲットしました。

でも全然だめでした。わかっていたけど、へこみますね。。

確かに最初に受けたときよりは確実にあがってるけど。どうなる事やら。

これでは、どうにもこうにもならないね。まあ、やるしかないですから、頑張ります。今後は、TOEFL についても書こうと思います。

NYに来て人の看取りに関わる事になるとは思っていなかった。

数ヶ月前から、ある日本人のおじいちゃんのお家に手伝いにいかせていただいている。散歩に車いすでいったり、トイレの手伝い、おしゃべり、食事の手伝いなどなど。そして、そのおじいちゃんの調子がいよいよよくない。いつかこういう時がくるのは知っていたが。ちょっと早かった。

今まで、日本の病院でたくさんの人の最期に関わらせていただいた。NYに来て、少しその現場からはなれ、一人の学生としてのほのんと暮らしていた私に、記憶が戻ってきた。緊張感と胸の苦しみも戻ってきた。

在宅でNYで看取ると覚悟を決めた娘さん。私にできる事がもし何かあるとしたら何だろうか。

そして、これが私の仕事なんだなと改めて実感した日々。

昨日、ボストンに行ってきた。友達に車で連れて行ってもらったのだが。目的は町を見る事それから大学を見る事。

ボストンは学生の街と言われているけれど、本当に町を見渡せば学生ばかり。たくさん大学を見てみたがいまいちピンとこないというか。なんだか地に足の着かない雰囲気。

そしてもう一つの目的。途中の道でnew heaven というところでおりて、一つ大学によってもらった。yale大学。ここには、私の夢があると知っている。たくさんの校舎とその雰囲気に圧倒されて、なんだか恐れ多くてそこに入る事もできなかった。私ってバカだ。。。。。なんと言うか、紀がちっちゃいというか。。。でも、見てよかった。もう少し調べてみよう。

虜になった私でした。今の段階を恋愛にすると、初めて会った人に「この人いい」ってどきどき。どうしたら次ぎ会えるのかな。誘ってくれるかな?なんていろいろ考えて。もっと知りたいって急速に思い始める時期。

やっぱり男も大学も雰囲気は大事だよね。

昨日少しばかり遅くなったが勉強の計画を立てた。修正してみたら、ちょっとハードなスケジュールに。でもやるしかないもんね。ちょっぴり楽しみで、ちょっぴりドキドキで。ちょっぴりやりたくない。

基本的にはKAPLANのコースブックとサンダーズのreviewブックの二本立てで。一通り終わったら問題を解きまくる感じで行こうと思う。

それにしても、あのkaplanのコースの特権をすべてえるのは本当に難しい。だってたくさんありすぎて。でも、少しずつだけどシステムになれて使いこなせるようになろう。!!!気持ばかりが焦る。私にできると信じて、前を向いていこう。



  • なし
  • maki: ライセンス取得おめでとうございます〜! 嬉しいですよねっ。 私も合格したのを知った時は涙が滝のように
  • hachikoro: ありがとうございます。 私のペースでゆっくり気楽にやっていこうと思います!!!! いつもありがとうござ
  • moko: 小町さ〜ん正式に免許取得おめでとうございます!! ウェブサイトに自分の名前を見た時の感動自分も今も覚