小町 -Komachi-

投稿者アーカイブ

待ちに待ったRNの免許が届いた。

NYCにいたときの友達から免許がとれないのはソーシャルセキュリティーナンバーのせいではないよと教わって。目からうろこ。。さっそくアメリカの看護協会に連絡。すると、あなたの場合ビザが届いていないと。。でも今は日本にいるから住所変更届けを出しなさい。とのこと。次の日faxで早速送付。1週間ほど待ってもう一度電話。もう必死です。

『私の免許のために私は後何をしたらいいの??本当に?待ってれば免許くるの??本当?』もう必死です。

見事に、その5日後。

私の名前がニューヨークの看護協会のサイトに乗りました。ついに正式に免許取得です。

長かったというか何もしてなかったこの2年間。自分の思い込みの怖さを勉強。そして情報に感謝。

これから先のことが少し見えてきましたよ。私の進むべきこと。やらなくてはならないこと。それはなにか。目の前のことを一つ一つきれいにやっていこう。

つづく

広告

一年生

Posted on: 08/16/2011

ICUに働くようになってから5ヶ月。

自分には看護師としての数年の経験がありICUにいどうになった。新しいことを学べるのは本当に楽しい。今までとは少し、違う場所に、はまっている。。。

今日書きたいのは。今日、先輩と勤務後に振り返り。もう少し自分でアセスメントしている結果を報告してほしいと。現状報告だけでなくて。報告の仕方が問題だと。確かにその通りだ。自分でもやりにくかったし、5ヶ月経って、少し緊張が抜けていた気がする。私が病棟勤務だった頃、一年生にいっていたその通りのことをアドバイスしてもらった。私は一年生なんだから。

特に最近、プライベートのこと、将来のこと、英語の勉強のこと。。たくさん、やらなくては行けないことがあって、頭が終始フル回転だった。いいポイントで話ができたと思う。

焦る必要はないとわかっているけど、時間がない。どんだけ時間があっても足りないのだろう。でももう少し、上手に時間をつかいたい。いそがばまわれだ。

なんだかあんまりまとまっていない文章だが。もう少ししたら少し、いろんなことの決着がつくのかな??

 

始動

Posted on: 06/18/2011

大学へいく為に動き始めた。

気になっていることをまずは解決。

事実1:私はNY州のNCLEX(看護国家資格試験)は受けてパスしているが免許は持っていない。なぜかというと、SSN(ソーシャルセキュリティーナンバー)を持っていないから。これがないと免許証をもらえない。今はそれでも、なんの問題けど今後大学でRN-BSN/MSNのコースを受験した場合。とっても困る。なぜかというとこれはRNの免許を持っていることが前提のコースだから。

解決策としては何らかの形でSSNを得る。しかないのだが。SSNを得る一番手っ取り早い方法は、大学などに入学し、学内のバイトを見つけてSSNを得る方法だから入学した後になってしまうのだ。他の領域で大学に行くか。でもなるべく遠回りをしたくない。

RNーBSN/MSNのコースを日本の看護資格だけで受けられるかを確認してみなくては。

そこでアメリカの大学ランキングの看護部門に入っているほとんどの学校にメールして聞いてみた。回答はびっくりするほど早く来て、私の携帯のemailの受信ボックスはあふれかえった。一部返信のまだなものもあるが。このコースはもうやっていませんとか、入学する時点でアメリカのライセンスが絶対必要ですとか。。。

だが今の所二つだけ。NYUは日本の資格があれば可能との返事。もう一つBOSTON collage は入学してからSSNを手に入れればいいよとのこと。よかった。絶対だめとすべての大学から拒否されたら方向を大きく転換しなくてはならない。

皆様なにか情報があれば教えてください。今のところ二つだけだけど、少し可能性が見えてきたぞ。

そして次にやることは単位認定。NYUのアドバイザーにもまずやりなさいと言われた。聞いてはいたけど、手続きはまた時間がかかるだろうし、そろそろ始めないと、いろいろな意味でよくない。

そしてやっぱり学費はバカ高いから少しRNーMSNの道を考えている。4年かけるより3年かけて。そうなると準備期間が少しのびるだろうけど。できないことはないだろう。

最近いろいろなことに葛藤していたからこの道を行くべきかまよっていた。迷っていることも大事だけど進むことも大事。そして欲張らずに今私にできることを、私のためだけにある私の時間を大事にしよう。そして日本に帰ってからすこし焦りすぎていたことにも気がついた。日本のこの生活を地に足をつけてゆっくり私のペースですすむ。一つ一つ解決しながら。猪木の台詞があたしの頭をぐるぐる。

堂々巡りをしている私がいたら皆さんカツを入れてください!

今やるべきことは単位認定の為に動く。自分のやりたい方向性の情報収集。そしてなんといってもTOEFL, TOEFL,TOEFL.

先ほど話したサバイバーシップについて書こう!!!

このサバイバーシップっていうのは今回学会の抗議でもたくさん取り上げられていました。題名を聞いて興味がありそうだけどイメージがわかず。日本でもこの言葉はあるようですが臨床のナースにはまだまだ聞き覚えのない言葉です。(って勉強不足なのは私。。。)っていくことでIko sanやMoko sanに事前にメールしてサバイバーシップって?と聞いてみました。アドバイスを頂きやはりこれは興味があるってなことで、実際の発表を楽しみにしていたのです。

現役アメリカRNの方々も興味のある比較的新しい分野であるようで。。講義の後にはたくさんの質問も出ました。私も真剣に英語を聞きました。学会も最終日に近かったので私のリスニング力もだいぶあがってきていたせいかかなり理解できたと思います。この発表者の方の話が上手というか情熱が伝わってくる、あつーい講義でした。多いに感銘を受けた私。

終了後これは何か言わなくては。感謝の言葉を述べなくてはと意を決して発表者のもとに近寄り。発表者の方もなにやら一番前でアジア人が真剣に聞いていると思っていたのでしょうか。向こうからも声をかけてくれました。

「とっても感動した。実はサバイバーシップって言葉すら知らなかったけど、すごくすごく大事なことだと思うし、今の日本にもとっても必要なことだと思うよ。ありがとう!!」って言ってみた。(もちろんこれ英語でだよ。。ふふん!!)

緊張したけど。きちんと自分の気持ちをいったら本当にうれしそうにありがとう!!!って言ってくれた。一方的に自分の聞くばかりじゃなくて、簡単だけど自分の気持ちを言う。大事なことだなって改めて感じた。私の目標の一つクリアです。

そしてこのサバイバーシップについてはその後のworkshopでも話し合われました。乳がんのサバイバーシップ看護を実際に初めているスタッフの方からアメリカでの現状について実際にきけました。(もちろんスタッフの方の通訳付きで。通訳あるととっても安心なのです)今の私はこのサバイバーシップについてのなにかを始めれるわけでも、広められるわけでもないけど実際にこういう活動をしているナースがいて、それを進めようとしているナースや研究者がいることを知れて本当によかった。患者さんのために絶対に必要で私たちがやっていかなくては行けないことだと思うから。

そして患者さんのために大事なこと、必要なことをサバイバーシップにかぎらずに広めていったり始めていけるようになりたいと心から思った。常に前を向いて先を見て、何が必要とされていて、大事なのかを探していけるように。そのためには私に必要なこと。それはもう目の前にあります。

一番大事なモチベーションの維持、向上もばっちり!!一日も早く戻ってきたい。。。。そのためにやるべきことをこなそう。と決意を新たにした初めてのアメリカ癌看護学会でした。

私の目標 モチベーションの維持→充電完了維持向上しました。                                  英語→だいぶ耳がなれました。少しもどったかな。

そしてたくさんの出会いに感謝です。またエネルギーをもらいました。

thus,初めての看護学会は大満足に終わりました。たくさんの助けをしてくださったツアーに感謝です。背中を押してくれた企画者のIko san ありがとうございます。Moko san Satoru sanたくさんのきづかいに感謝です。とっても楽しかったし勉強になりました。いってよかったー。

勤務を調整してくれた師長さん。ありがとう。

そしてフライトの準備や調整をしてすばらしいチケットを手配してくださったホロスユニバースの高橋さんありがとうございます。http://holos-universe.com/21.html

ツアーに興味のある方は来年ぜひ参加してみてください。人生かわるかも!!http://dense.co.jp/ons/36onscongress.pdf

最終2日間は大事な人たちに会いにNYCに行きます。もう待ちきれない。考えただけでも幸せな。。。へへ。

さてさてまずは始まった開会式は日本の国旗を持って入場です。ツアーで準備してくれた日の丸を持ってたくさんの声援をいただきました。地震もあったしよけいにかも。なんだかとってもうれしかったです。お隣の韓国のナースもたくさんいました。さすがアメリカ、お祭り騒ぎでテンションあがりまくりです。

実際の講義は英語についていくのにやっとですが。あついpassionは伝わってきます。これはすでにもう大満足。

開会式が終わるといよいよ各自で自分の出たい講義に出席。事前にツアーで受けたい講義を申し込んでおくと日本語のシラバスを準備してくださって、それをみながら講義を聞き。でも実際は講義中はそれをみる間もなく。。。。(学会開始前の予習で主に使いました。)必死に英語についていく。事前にホームページからのリサーチも可能でしたがほとんどしなかった私。。。。興味のある分野についてや聴く講義を迷ったときはいこさんやもこさん(ツアースタッフ)にメールして聞けたしアドバイスももらいました!!!これですごく参考になったのは今回の収穫の一つとも言えるサバイバーシップについて。(これについては後ほど。)

すべての日に講義終了後ツアーのメンバーで集まって開くのがworkshopです。日本語フル活用。ここでは参加者が集まって反省会や感想をいったり。(日本語で。。。)スタッフのIkoさんやMokoさん、Satoruさんが通訳してくれます。毎日ゲストが来て。そのゲストがまたまたすばらしい!!!NPやCNSとして働いていらっしゃる方達(Native)や日本人でいながらアメリカで働いている方達。実際のアメリカ看護の現状をたくさん聞けました。自分の夢実現までのイメージが膨らむ膨らむ。膨らみすぎて空を浮きそうになりましたー!!!

みんなでおいしいシーフードを食べにいったことも忘れません。お店を探して気を使ってくださったSatoruさん。ありがとうです。私はシーフード食べにいったのにパンがおいしかーったなー(ふふ)

NYでNPをしている日本人の方にもお会いできました。前からお会いしたいと思っていた方だったので本当にうれしかった。きちんと連絡先をゲットです。いこさん会わせていただいてありがとうございます。

このワークショップから得たもう一つの宝は同じツアー参加者です。普段からアメリカで働きたいと思っている日本の1ナースにすぎない私は日本の看護について、今の現状などについては関心はあってもやっぱり遠かった気がします。でも今回、日本の癌看護を代表するなんともすごいメンバーがいらっしゃっていてその方達の意見から日本の現状も少し身近になりました。普通に働いていたら絶対にお会いできなかった方達です。この出会いは今後も大事にしていきたいと思います!!!

No2へ。

4月27日

病棟で通常どおり夜勤業務。今日は血液内科最後の日でした。ボストンに飛び立つこともあり、なんだかそわそわ。みんなに挨拶して。1年間長かったようで早いものです。この病棟で私は何ができたかなと考えながら。。

でもやっぱり、一番つらいのは患者さんとのお別れ。応援してくれる患者さんに後ろ髪を引かれるおもいで(表現あってるかこれ?)挨拶して病棟を去りました。

病棟を後にした私の気持ちはもうボストン。

11:00-15:00

家に帰ってお風呂に入って準備。次は学会のシラバスをコピーしなくては。USBに入れるものの7イレブンのコピー機ではうまく行かず。。。なぜだろう。そこで、インターネットコピーという仕方でコンビニで印刷。でもこれがまた時間がかかる。。。。30分以上セブンイレブンを占領した私。

15:00

予定より30分ほど遅れて電車に乗り無事(?)に成田空港へ。かなり焦ったけど無事に飛行機へ。

18;00

私を乗せた飛行機は飛び立ったのです。ボストンへ。機内ではもちろん爆睡zzz.

22;00 (アメリカ時間)

到着しました。一年ぶりアメリカに戻ってきましたよ。久しぶりの英語とこの雰囲気にドキドキ興奮気味でホテルへ向かう方法を探す。今回はTおばさんの家という日本人のやっているゲストハウス。なんと一泊85ドルという格安。地下鉄か、タクシーか。40ドル払うか、地下鉄で2ドルか。もちろん2ドルでしょう。ということで、地下鉄へ。でも日本みたいに電車が空港まで来ていないらしい。バスにのりsouth stationと言うところへ。このバスを探すのも苦労した。。みんな言うこと違うんだもの。。。さすがアメリカ。

さてとバスでお金を払おうとしたら10ドル札しかなかった。。。。おつりは出ないよと言われ。。。なにいっ!!!どうしよう。。しょうがない回数券買おうか。。。とおもっていたら一人の若者が自分のチケットを譲ってくれた。なんていいひとなんだろーーーーーー。ありがとう。君に幸あれ!!

0:00

無事にTおばさんの家に到達。とってもきれいなバスルーム(共同だけど)にお部屋に大満足。清潔感って大事だよね。wifiもすぐにつながった。明日の道順を確かめながら眠りについた。。。。明日はいこさんやもこさんにあえる!!!!楽しみ!!!good night.

先日ブログにこれまでの経過を書いていたら自分の気持ちがだいぶ整理された気がする。落ち着いて何をするべきか、何をすることが私にとっていいのか考えられた。先輩からも暖かいメールをもらい。

 

夜勤明けに新しい師長さんへ勇気を振り絞って電話。休みをもう一日欲しいんですと….いってみた。

ちょっとまっててね。……….そう。仕方ないでしょ。じゃあ4日からの出勤ということで。by師長。

ちょっと言い方にとげがあるがしかし!!休み1日延長。よかった。休みがとれなくても学会最終日出席せずに帰ろうと決めてはいたもののやっぱりさいごまでいたいし。せっかく行くのだもの。言ってみるもんだ。勇気一番。

 

夜勤明けから帰って飛行機と宿のチェック。そしたら、電話が来ましたよ。飛行機を手配してくれるTさん。とってもよい方で私のわがままもできるだけ考慮してくださる。そして話がとっても早い。提案された二つのスケジュールと料金。どっちをとっても何かがかけてピンとこないが贅沢は言ってられない。検討タイムにはいった。ボストン学会終了後NYC行かずに最後までボストンで病院見学のオプションもつけようか。その方が集中できるかな?とか、でもNYC行けば宿代は1日かからないし、会いたいホストファミリーと一日過ごせる。さあどっちだろう。

 

…それから数時間眠りに入ってた私に電話が。私のリクエストにぴったりでしかも値段が7万も安いチケットを発見してくださったとの連絡。きたーーーーーーーー!!!道がみえてきたーーーーーー!!感謝です。チケットの決定をお願いして無事交通手段決定。後はホテル探しです。

やっと見えてきました。ボストンへの道!!!たくさんのことをスポンジのように吸収してこようと思います。なくなった電子辞書は飛行機が安くなったお金で購入できるね。いろんな人のいろんなご協力、励ましの中にいる私は幸せですね。

 

Part3へつづく。

 

 



  • なし
  • maki: ライセンス取得おめでとうございます〜! 嬉しいですよねっ。 私も合格したのを知った時は涙が滝のように
  • hachikoro: ありがとうございます。 私のペースでゆっくり気楽にやっていこうと思います!!!! いつもありがとうござ
  • moko: 小町さ〜ん正式に免許取得おめでとうございます!! ウェブサイトに自分の名前を見た時の感動自分も今も覚