小町 -Komachi-

Archive for the ‘看護の勉強編’ Category

先日ブログにこれまでの経過を書いていたら自分の気持ちがだいぶ整理された気がする。落ち着いて何をするべきか、何をすることが私にとっていいのか考えられた。先輩からも暖かいメールをもらい。

 

夜勤明けに新しい師長さんへ勇気を振り絞って電話。休みをもう一日欲しいんですと….いってみた。

ちょっとまっててね。……….そう。仕方ないでしょ。じゃあ4日からの出勤ということで。by師長。

ちょっと言い方にとげがあるがしかし!!休み1日延長。よかった。休みがとれなくても学会最終日出席せずに帰ろうと決めてはいたもののやっぱりさいごまでいたいし。せっかく行くのだもの。言ってみるもんだ。勇気一番。

 

夜勤明けから帰って飛行機と宿のチェック。そしたら、電話が来ましたよ。飛行機を手配してくれるTさん。とってもよい方で私のわがままもできるだけ考慮してくださる。そして話がとっても早い。提案された二つのスケジュールと料金。どっちをとっても何かがかけてピンとこないが贅沢は言ってられない。検討タイムにはいった。ボストン学会終了後NYC行かずに最後までボストンで病院見学のオプションもつけようか。その方が集中できるかな?とか、でもNYC行けば宿代は1日かからないし、会いたいホストファミリーと一日過ごせる。さあどっちだろう。

 

…それから数時間眠りに入ってた私に電話が。私のリクエストにぴったりでしかも値段が7万も安いチケットを発見してくださったとの連絡。きたーーーーーーーー!!!道がみえてきたーーーーーー!!感謝です。チケットの決定をお願いして無事交通手段決定。後はホテル探しです。

やっと見えてきました。ボストンへの道!!!たくさんのことをスポンジのように吸収してこようと思います。なくなった電子辞書は飛行機が安くなったお金で購入できるね。いろんな人のいろんなご協力、励ましの中にいる私は幸せですね。

 

Part3へつづく。

 

 

広告

ブログ久しぶりだ。最近。

4月からICUへ配属が決まりとってもドキドキしていた。4月5月はバイトも休止し、勉強(英語とICU)に当てようとスケジュール調整をしていた。

3月最終週になり上司から配属が一ヶ月延期になるとの連絡を受けた。正直ショックだった。この病棟で最後にやることと決めていたことも初めていたし、自分なりに気持ちの整理もしていたから。配転がキャンセルされたわけじゃないけど、やっぱり自分の気持ちを切り替えるのには時間がかかったよ。

そんなとき、ふと思い出したボストン看護学会。ONS 36th annual congress. Yale大学の尊敬する先輩が連絡してくれていたツアーだ。その先輩が企画し、日本にいるナースのために好意で企画している。ゴールデンウィークだし、休みを組み合わせてもらえれば4月末から5月頭に行けるかもしれない。古巣なら頼めるし。と言うことで上司にお願いした。結果….

OK !!!!!!がでた。やった!!!早速先輩に電話した。でもGWであり値段が相当する。私の貯金していた留学資金に手を出さなくてはならないなあと。

そこから追い打ちをかけるような事件が。おきる。

電子辞書紛失。アメリカでNCLEXを受けるために購入した医学辞書(6万ほどした)が病棟で消えた。これは問題だ。衝撃的だし。学会行くのに必須アイテムだ。。。衝撃的だ。

そしてやはりお金。GWであり急に申し込んだこと、そして宿泊費用も思っていたよりかかりそう。相次ぐように新しいICUの師長さんから休みが2日しかもらえなかった。ということで飛行機の都合もあり1日(学会の最終日をでないで)に帰ってこなくてはならない。欲を言えばNYCまで足を伸ばして1年ぶりに会いたい人たちにも一目会いたかったがそれはあきらめるなくてはだ。

でもこの機会は私にとってのいいチャンスだとも思うのだ。ちょうどアメリカからはなれて約一年。英語にも触れたいし刺激も受けたい。あと一年日本でがんばるためのエネルギーにしたいと思う。ICUでの勤務も始まる。お金には代え難い機会だと思う。でも今の私にはお金もすごく大事なのは重々承知であって。今日の夜勤は仮眠せずに悩んでみよう。そして決めたらもう悩まないぞ!!!

こんなぐだぐだな私が無事にボストンにたどりつけるのであろうか。乞うご期待です。

2月26日

10;00am
起床。この日は本日誕生日の友達が家にお泊まりしていた。
テストの結果がさんざんだった私は、結果が今日の朝8時以降にon-lineで見れるのを知っていたが、見たくなかったし、誰にもそれを知らせていなかった。。。
on line の上ではもう結果は出ているはず。。。
気になって気になって。でも駄目な結果は知りたくなくて。でももしかしたら。。。。

11;00am
友達も起きて来た。友達の起きている時に見て、ショックを受けて、立ち直れなくなるのは誕生日の彼女に申し訳ないので、彼女がシャワーを浴びている間にパソコンを起動。パスワードを入力。

結果を知るには、7ドルほど払う必要がある。
スピード結果だから追加を払うのだ。クレジットナンバーも満足に入力できずなんとか承認されて。ボタンを押したら、心の準備もないまま結果が出て来た。。。。pass ????うん??pass!!!!!

pass って受かってるって意味だよな??そうだよな???辞書で調べる馬鹿な私です。

確かな根拠を得た私は大喜び。pass pass pass pass まずは、実家に電話。
母親が本当に喜んでくれた。本当に幸せな時間だった。
そしてもちろんシャワー中の友達にも突撃訪問!!

今までの生活や勉強や全ての事が形になった始めの一歩。
これから夢を叶える為にはもっともっと大変な事や悔しい思いをするかもしれない。でも最初の一歩を踏み出せた事は本当によかった。
この試験を受けるまで沢山支えてくれた、日本の家族、アメリカの家族、前を進んでいる先輩達、shu-san、roommate、アメリカのそして日本の友達、みんなに本当に感謝だ。

本当にありがとう。沢山の人の支えがあってここまで来れました。
これで、心置きなく日本に帰国できます。

次のステップに進もう

2月24日

今日は勝負の日です。
8:00amあいにくの雨と雪
テストを受けました。(NCLEX)
今までやって来たこと、そして私にとってこの1年半のなかでも本当に大事な日でした。意外な事にあまり緊張もせずに、テスト会場へ行き手続きをしてテストスタート。

わかんない。
知らない。
自信ない。
落ちた。。。。

の4語を頭の中で繰り返し。
そして190問あたりで終了。
その間ずーっと思っていたのは、、駄目だここで気を抜いたら、自信をなくしたら次に進めない。。。今までやってきたんだから、例えだめでも悔いのないように最後まで集中しよう。と必死で気持を落ち着かせて、なんだか長かった様な、短かった様な時間でした。

1:00pm
テストが終わってあまりの衝撃にへこみながら会場をさる。
そして帰りのお土産や友達のプレゼントを見にブラブラ。不安とショックと開放感と私の心はぐちゃぐちゃ。
そして、某百貨店にてなんとパスポートがないのを発見。
試験にはパスポートが必要なので試験が終わる前までは持っていたのは確かだ。試験会場か???
と慌てて試験会場に電話??結果。。ない。
鞄の中ノートの中全部探した。
今までよった店を逆からさかのぼって、店員さんに聞く。
ない。
どーしよー。。。

駄目だこのままではと気持を落ち着かせるため一時帰宅。
ご飯を食べて、さあどうしようと。一息。

もう一度試験会場に電話。
インターネットで、検索して対処法を勉強。
警察にまずは行く事にした。

19:00pm
電車に乗って警察に。警察の人には、私が本当に日本国民であるという証明書が大使館から必要であるとの事。その為の書類をもらい、もういいやと半分あきらめて、再発行しようと心に決めた。

そして、そんな時、警察の近くに私の好きな洋服屋さんがあった。
数ヶ月前、友達と行ったそのお店、好きなワンピースがあって、でも試験前だし予算もオーバーだしとあきらめていた。試験が終わってあったら。。とずっと思っていた。ちょっと気晴らしにとのぞいたそのお店に、そのワンピースがセール価格で一着だけのこってあったのだ。(それは全チェーン店で最後の一個だったらしい。)その最高の偶然に迷わずレジへ。
久しぶりの買い物に今までの出来事が少し軽くなった。

21:00pm
帰宅。
今日は、大変な一日だったとふと一息。
パソコンを開ける。
メールがピロンと入って来た。私の学校からだった。
又、面倒な事が起きたのかと思いながら、開いてみると。。
『あなたのパスポートが学校に届いているわよ。親切な人が道で拾って学校を探し当てて届けてくれたみたいよ。いつでも取りに来なさい』
私はあまりのびっくりにすぐに学校に電話して、さがしてたのー!!!
と。歓喜の声をあげた。

それから、わずか数分後、いつの間にか眠っていた。。。。

長い一日だった。
もし、私が試験に受かっていたら、神様が、受かっていてよく頑張ったけど、浮かれずに注意深く進みなさいのお告げ。
もし、私が試験に落ちていたら、神様が、今回は落ちたけど、素敵なワンピースとパスポートを守ってあげたわよ。まだまだがんばりなさいとのお告げ。

だなと考えながら、数日ぶりの心地よいベッドでの睡眠だった。
結果は48時間ででます。

今私はKAPLANのNCLEXコースを受けている。

基本的には自己学習形式で私はF-1 student なので週に22時間はKAPLANで自己学習する必要がある。コースには教材、on-lineのpracticeと8回のclassが含まれていて4ヶ月のコース。

正直言って、このコースを受けなくても自分で勉強できると思う。私はvisaをF-1 をキープするために選んだ。自己学習が主なので他の学校に比べて安いので。でも自習室も使えるし、私のためにはとってもいいと思う。

つい最近8回のクラスを受けて来た。とってもペースが早くて、教材で読むのさえ大変な医療単語を早口で語られたら、もうお手上げ。。。でも知識はあるから何を言っているかはわかる。聞かれた事に対する答えも日本語では出てくる。でも英語で出てこない。そして発音できない。くやしかったー!!!授業のあいだ、みんなでどんどん問題を解いていくのだが、そのペースが早くて、私が問題を読み終える頃にはみんなの回答が始まっている。。。。そして回答を考えている頃には次の問題。私の頭はフル回転フル回転。のこり15分くらいになると集中力も切れてくる。。。刺激が強くていい勉強になった。

クラスの最初と最後にテストを受けたのだが、やっぱり単語が問題。まだまだpracticeが必要だ。後一ヶ月頑張るぞ。

日本

Posted on: 12/02/2009

今、私は日本に居ます。
日本に帰国してから3週間。
時間はあっという間にすぎて後1週間でNYCに戻ります。

NYCで1年半過ごして、はじめての日本。
どんなんなんだろうと。いろいろ感じる所はありましたが日本に戻ってくる決意が出来ました。
帰って来てはじめてわかりました。というより、わかっていたのだけど、逃げていた現実でした。今の私にこれ以上アメリカにいる場所はない事が、そして今は日本に帰ってくるべきなんだという事がよく、わかりました。

そして、又一歩前に進もうと思います。
少しずつだけど、目の前の課題をひとつづつクリアして、いつか、
自分の夢や目標をかなえたいと思います。

まずは最初の課題をやっつけなくちゃ。

先日無事に再開しました。
やっとこTOEFLスコアクリアして、accept してもらいました。

今回の事を通じて、学んだ事。
1)口約束は信じない。
2)甘えずに最後までつめる事。

前回NCLEXコースをストップして良かったと思っている。改めて再開してみて、参考書の読むスピードが速くなった。わからない単語がへった。(医療用語以外)私にはまだまだ基礎の英語がたりなかったのだ。今も足りないけど。。

結果よければ全てよし。
これからさらにエンジンかけて行きたいと思います。

今はIKOさんに教えてもらった医療用語の本とsanduersの参考書を平行しながら。そして、暇なときには持ち歩きようの問題カードをながめながらの勉強を始めました。

ほんとうにこれでいいのだろうかと、途方もなくかかっていく時間たちに戸惑いながら。
でも前に進むしかないし、時間を書けるしかない。んですよね??
と自分に言い聞かせて。。



  • なし
  • maki: ライセンス取得おめでとうございます〜! 嬉しいですよねっ。 私も合格したのを知った時は涙が滝のように
  • hachikoro: ありがとうございます。 私のペースでゆっくり気楽にやっていこうと思います!!!! いつもありがとうござ
  • moko: 小町さ〜ん正式に免許取得おめでとうございます!! ウェブサイトに自分の名前を見た時の感動自分も今も覚